0年 0月 の投稿一覧

業者利用の現金化では商品受け取りが必須

e12f8b77bb70da14f3725b6b1fd64942_s

現金化業者を利用するときに、気をつけておきたいのはショッピング枠の余裕度だけではありません。現金化はキャッシュバックを基本に成り立っているので、当然商品の受け取りが必要となります。

現金化は買い物と同じこと

 皆さんはカードを買い物に利用するときは、商品を当然受け取ると思います。現金化もショッピングですので、同様に商品の受け取りというのを行わなければなりません。それは買取方式・キャッシュバック方式のどちらにおいても変わらないと思ってください。
  

商品発送がない業者は悪徳

 商品の受け取り事実がないと、カードの現金化ではなく、融資行為と勘違いされてしまう可能性があります。そのため、現金化を申し込んだのに商品発送がない業者には要注意が必要です。
 業者の中には、利用者が周りにばれることを気にして送らないという業者もいますが、万が一問題が発生した時にトラブルに巻き込まれる可能性があります。そうしたトラブルに対して、物的証拠があれば非を免れることができるので商品を受け取ることは、現金化の保険にもなりうるのです。
 また、商品の受け取り先は、業者にお願いすれば指定することができるので、家で受け取りたくないという人はぜひ利用するようにしましょう。

受け取り後の商品はどうする?

 キャッシュバック方式の場合、商品自体に価値は全くありません。そのため、商品の受け取りが終了したら、その商品を捨ててしまっても良いように思えます。しかし、その商品はカードをショッピングで利用したことを証明するものであります。そのため、現金化の支払いが完全に済むまでは一応、所持していることが望ましいでしょう。

まとめ

・現金化は買い物と同じようなものと言えます。
・現金化は商品の受け取りがないと、正当にカードを利用したことにはなりません。
・商品を発送しない業者は悪徳である可能性が高いです。

以上が業者利用の現金化で商品の受け取りが必須についてでした。クレジットカード現金化はどれだけ現金を手にできるかに目が行きがちですが、このような細かい部分にも気をつけていくことが必要です。

複数の借入は自分の首を絞める

a43ea6586203855584bb1fcd94cfab0f_s

いくつかの業者からお金を借りていたり、クレジットカードを利用していると自分が一体どれくらいの金額を返済しなければならないのかわかりづらくなってしまいます。そのような時には複数の借入をまとめましょう。

複数の借入がお勧めできない理由

 複数の会社から借入をしていると利用者が、総額を把握できないというデメリットがありますが、実はそれ以外にも利用者にとって不利益があります。
 その代表例が融資先から、多重債務者の可能性があると警戒されてしまい、今後の融資の審査時に不利になるということです。融資の申し込みなどは、利用者本人が伝えなくても、信用情報機関によって、融資先にそれらの情報が共有されていますので、隠すことは不可能です。 
 また、同じ金額での借入であっても、複数の会社から融資を受けていると、審査場では不利に働いてしまいます。
 将来的に、住宅や車などのローンを組む可能性もあると思いますので、できるだけ借入はまとめて、クレジット情報に傷をつけないようにした方が良いでしょう。
 

複数の借入をまとめるメリット

 複数の借入を一つにすることで、返済額が明らかになるというメリットがありますが、他にはどのようなものがあるでしょうか?

メリット1::返済日が一回
 返済日というのは会社によって、異なります。そのため、複数の借入だと、月に2回以上の返済日があり、心理的にとても負担がかかります。お金の返済について悩む時間は少ない方が良いかと思いますので、借入を一回にまとめた方がストレスは少なくて済みます。

メリット2:毎月の返済額が抑えられる
 これまで、いろいろなところが借りていたことで実際にどれくらいの額の返済なのかうまく把握しきれなかったと思います。しかし、一括にすることで、自身の返済額を明らかにし、財政状況にあった返済・借入プランを立てることができます。

メリット3:金利が低くなる
 借入をまとめる時には、おまとめローンというのが利用できますが、実は複数のローンでの借入よりも、金利が低いことが多いです。そのため、結果的に返済が楽になります。

複数の借入をまとめるデメリット

 借入の返済をまとめることによるメリットというのは魅力的ですが、一方でデメリットというのも少なからずあります。

デメリット1:返済期間が伸びる
 別々の会社で返済をしていた時は、生活費を削ったりして、なんとか返済をしていたかと思います。しかし、おまとめローンの金利が低いことを理由に、毎月の返済額を少なく設定してしまう人がいます。これによって、結果的に返済期間が伸びてしまうこと可能性があります。

デメリット2:審査に通りにくい
 おまとめローンには、審査というものがあります。複数の借入をまとめるわけですから、その金額は大きくなり、審査に通りにくくなってしまうこともあります。

デメリット3:多重債務になる可能性
 毎月の返済額を減らして、余裕をもたせてしまうことによって、借金が少なくなったと勘違いししまうことがあります。そのため、債務者の中には、再び別の業者からお金を借りてしまうということをしてしまう人もいるので注意が必要です。

返済を少しでも早く済ますには

 消費者金融などで、お金を借りた時の金利というのは年利で18%程度隣、決して安いものではありません。また、借入の金額が大きいほど、支払う手数料というのも比例して大きくなるので、中には手数料のせいで、返済が進まないという人もいるかと思います。
 そのような時には、クレジットカードの現金化を利用してみてはいかがでしょうか?
 現金化とはカードのショッピング枠を利用して現金を手にする方法の1つで、支払いの方法と金利は通常のカードショッピングと変わりません。そのため、支払い方法によっては、手数料が無料となるか低金利で済みます。
 ここでは具体的な方法については述べませんが、借入の返済で手遅れになる前に、一度考えてみることをお勧めします。

まとめ

・複数の借入はまとめた方が、返済がしやすくなります。
・まとめた時に気をつけておきたいことが、返済額を少なくしすぎてしまうということです。
・返済に困った時は、クレジットカード現金化で解決しましょう。

以上が複数の借入は自分の首を絞めるについてでした。お金を借りる際には、しっかりと返済プランや本当に必要なお金であるかを考えた上で、融資に申し込むようにしましょう。

店舗型の安心感はネットに勝る

7d91f5ff593f3ef89c5697f0b94419fc_s

ネットの普及で最近では現金化を家にいながらできるようになりました。しかし、ネットでの取引にはまだ不安が残ります。一方で、対面式の現金化だと、手渡しで現金を受け取ることができるので、騙されるということはありません。

現代はオンライン型が主流?

 ネットでできるものをわざわざ時間とお金を使っていくということは旅行やイベントを除いてはなかなかする人はいないのではないでしょうか。加えて、ネットの強みは欲しいものを即座に調べられ、かつ最安値のものを最短で手に入れることができます。
 現金化もその流れに乗って、店舗型からオンライン型へと少しずつ移行している業者や、新しい業者はネットのみでの受付といったことが行われています。確かに、ネットで現金化を申し込めば、オンラインで全て完結しますし、手続きもすぐに終えることができます。忙しい人やすぐに現金が欲しい人には嬉しいサービスではないでしょうか?

店舗型の安心感は絶大

 店舗に訪れるメリットとしては、どれを選んだら良いか分からない時の相談役としてスタッフと話すことができることです。対話することで、これまで疑問に思っていたことが解消され、満足のいく買い物をすることができます。ネットだと良いと思っていたら、実は使いづらかった時がありますが、店舗だと試しながらの買い物ができるので、そのようなことが起こりづらいのは良いですよね。

ネット型での悪徳業者は多いかも

 最近、現金化業者が逮捕されたり、摘発されるというニュースを聞くことが多いですよね。実はそのほとんどがネット型の現金化業者であるということは知ってはいましたでしょうか?
 ネットは利用者としてメリットがあるのはもちろんですが、業者としても店舗などを持たないで済むので、お金をかけずに営業可能という点で、メリットがあります。そのため、現状の現金化業界というのは、多くのネット型の業者が参入し始めてきています。業者が多いと、良いものが残り、悪いものが排除されていくことが、ビジネス界のルールですが、現金化業界ではそのルールが適応されません。なぜなら、利用者同士の横のつながりというのがないので、悪徳な業者であっても、その情報が他の利用者に伝わらないからです。
 それゆえに、気軽に現金化をビジネスにしようとする業者が現れ、法律の対策もなしに始めてしまうため、逮捕されてしまうという結果になってしまうのです。

ただしこんな店舗型は注意

 これまでの話を聞くと店舗型はどこでも安心という人がいるかもしれませんが、そうではないということをここでお伝えしておきましょう。
 店舗型にも種類があり、買取方式とキャッシュバック方式という2種類に分かれます。ここではそれぞれの利用法について詳しくは述べませんが、買取方式の業者には気をつけたほうがいいでしょう。
 なぜなら、買取式の業者は法律違反をしている可能性が高く、そのため、業者は逮捕・利用者はカード会社からバレるというリスクをそれぞれ抱えることになります。業者は自己責任で営業を行なっているからいいですけれども、そのリスクを知らない利用者からすれば、“なんで私が”という気持ちになることでしょう。
 そのため、買取式の現金化業者を避け、キャッシュバック方式を利用することがリスクという点を考えた上で、無難ではないでしょうか?

まとめ

・現在の主流はオンラインなどのネットだが、欠点としては失敗することが多い点がある。
・店舗だと、スタッフのアドバイスを受けることができるため、満足度が高い買い物をすることができます。
・現金化もネット型が増えてきておりますが、店舗型のほうが安心することができます。
・店舗型の中でも、買取方式の業者には注意しましょう。

以上が現金化業者は店舗型のほうが安心な理由についてでした。別の記事にて、クレジットカード現金化の2種類のやり方について述べていますので、ぜひ参考にしてください。

知っておきたいクレジットカードトラブル

6d7d03d48271a903c1077ec6128b8d1b_s

クレジットカードは手元に現金がなくても、商品購入やサービス利用することができるのでとても便利です。しかし、手軽に利用できる一方で、カードの取り扱いかたについて理解しておかなければ、知らない人に不正利用されてしまったり、個人情報を盗まれてしまったりと犯罪に巻き込まれてしまうこともあります。

クレジットカードで起こりうるトラブルとは

 クレジットカードを所持することによって、得られるメリットもありますが、同時に発生するリスクというのも考えていかなければなりません。ここでは、起こりうるリスクについて簡単に見ていきましょう。

1:紛失
 クレジットカードというのはお財布と違って、軽いですし、しまう場所によってはすぐに落としてしまうということがあります。そのため、利用するときには、しっかりとカードをお財布にしまったのを確認するようにしましょう。

2:盗難
 カードが盗まれるときは同時にお財布も盗まれているということが多いです。そのため、万が一の時のためにも、お財布とカードは別にしておくことが望ましいと思います。

3:スキミング
 クレジットカードの盗難で一番厄介なのが、スキミングです。この盗難方法は、カード本体を盗まずに、情報だけが抜き取られているという高度なやり口です。そのため、カードを利用するお店やしまう場所には要注意しましょう。

4:架空請求
 スキミングによって、個人情報を盗まれてしまった後に起こる二次犯罪です。このタイプの犯罪は、公的機関などの高い地位を利用した詐欺行為が多いのが特徴です。

5:不正使用
 スキミングなどでカードの情報が奪われてしまうと、勝手にカードを使われ、気づいた時には、多額の請求をされてしまうということが起こります。

対処法

 クレジットカードを紛失や盗難にあった時の対処法としては、すぐにカード会社に連絡して、カードの利用を停止してもらうことです。利用を停止してしまえば、そのカードは全く使い物にならないので、安心です。また、もし不正利用されてしまった場合であっても、カード会社によっては、盗難補償がつくものもあります。
 しかし、不正利用された額によっては、全額補償ができないこともあります。補償があるからといって、あとで連絡はせずに、できるだけ早くカード会社に利用を停止するようにしましょう。

トラブルの相談場所

 トラブルが発生した時にどうしたら良いかわからない人もいるかと思います。そんな時のために、安心して相談できる機関というのを知っておきましょう。
 
日本クレジットカウンセリング協会
 多額の借金やカードに関する相談などについて無料で相談をすることができます。

国民生活センター
 クレジットカードのトラブルに関わらず、日常生活の様々な問題について相談に乗ってくれます。 

まとめ

・クレジットカードのトラブルは紛失から盗難まで様々あります。
・カードを紛失・盗難してしまった時には、まずカードを停止しましょう
・トラブルの対象に困った時には、信頼できる公的機関に連絡しましょう。

以上がクレジットカードに関するトラブルについてでした。