0年 0月 の投稿一覧

即日現金化は可能か?

274122b394996dcc766774e82f1bdf0e_s

“お金が欲しいけど即日で借りれるところなんてないでしょ”そう諦めてしまうのはまだ早いです。確かに、消費者金融や銀行ローンでお金を借りようとしたら、即日は難しいですが、クレジットカードの現金化ならそれを可能にしてくれます。

キャッシングなら即日で現金を手に入れられるけど

 現金がすぐに必要になって時に、クレジットカードのキャッシング枠あれば、即座に現金を引き出すことは可能です。急な出費の際でも、キャッシングさえあれば、そのほかの貸金サービスは、必要はないのではないかと思います。しかし、キャッシングは重大な欠点が2つ存在しています。
 第一に、キャッシングの枠が少ないという点です。ちょっとした買い物で少し現金が足りないという場面であれば、キャッシングで問題はないかもしれませんが、多額の現金が急に必要になった時などの緊急事態においては、そのキャッシング枠だと不十分であることが多いのです。それゆえに、審査が面倒であっても、借りる額が多い消費者金融などを頼らざるを得ないということが起きるのです。
 第二に、支払い方法が一括しかないということです。ショッピング枠でのカード利用の場合だと、ご自身の財政状況に合わせて、返済プランを組むことができますが、キャッシングの返済は基本リボ払いです。リボだと、返済時の手数料が以上に高く、手数料はかかるけど、返済額はあまり減っていないという状況になることがあります。リボとは言っても、返済できる額は調整可能ですが、手数料だけを考えた場合は、他の方法と比べて、かなり損をしています。
 これらの理由から、キャッシングは少額利用で、短期で一気に返済できるという人以外には適してはいないのではないかと思います。ちなみに、ショッピング枠の返済の場合だと、分割3回までが手数料無料となります。

ショッピング枠を使っての即日現金化

 キャッシングや消費者金融での現金化が損をしてしまうとわかったところで、クレジットカードのショッピング枠を利用した現金化方法について見ていきましょう。
 この方法は、即日性・支払いの柔軟性・利用可能額の多さと利用価値がかなりありますので、それぞれの特徴について詳しく見ていくことにしましょう。
 まず、即日性についてですが、ショッピング枠を利用した現金化の場合は、スピードの速さが強みですので、キャッシングと同じレベルで現金を手にすることも可能です。
 次に、現金化での返済方法は、カードでの返済方法と基本的に一緒であるので、一括・分割・リボ払いの3つから、返済状況で組み合わせることができます。これが、キャッシングにはない良い点ではないでしょうか?
 最後に利用可能額が多いという点です。ショッピング枠をフルに使えるため、キャッシングよりもはるかに利用額が大きく、使い勝手が良いことが挙げられます。

スピード重視なら業者に勝るものはない

 現金化というのは、個人でも即日は可能です。しかし、個人現金化だと、商品を購入して、換金ショップに売りに行くという手順を踏まなければいけないため、少し面倒です。
 その一方で、現金化業者の場合ですと、個人での手順部分が短縮されるので、とても楽に現金化をすることができます。
 具体的には、最短5分や30分など、業者によって多少は異なりますが、それでも、消費者金融や銀行ローンと比べるとはるかに早いことがわかるかと思います。
 加えて、現金化業者は、カード会社にバレない仕組みを確立しているため、安全に現金化をすることができます。

まとめ

・キャッシングは即日で現金を手に入れることができますが、返済が一括だけなので、少し大変になります。
・現金化だと、利用可能額が増えるだけでなく、返済も柔軟に対応してくれるので、使い勝手が良いです。
・スピードと安全性を考えるなら、個人よりも業者の方がオススメです。

以上が即日での現金化についてでした。 今回は現金化の触りの部分についてしか、学びませんでしたが別の記事で詳しく紹介していますので、参考にして見てください。

実は低金利で現金化というのは可能です

006e3d1e62d72021c1b6848a6329ec9d_s

ローン・キャッシング・現金化のどの方法をとったとしても、金利の支払いというのは避けられません。しかし、できるだけ金利を低く抑えようと思ったら、クレジットカードの現金化が一番お得かもしれません。

それぞれの金利の違いとは

 現金化の金利がお得であると言っても、実際にどの程度の金利で現金を手に入れることができるのか気になりますよね? そこで、ローン・キャッシング・現金化でかかる金利というの三井住友銀行を例にを比べてみました。

三井住友銀行カードローン
金利:4.0~14.5%
最高借入額:800万円
返済方法:一括のみ

三井住友カード・キャッシング
金利:15%
最高借入額:20万円
返済方法:リボ払い

三井住友カード・現金化
金利:無料(一括・分割3回の時)
最高借入額:50万円
返済方法:一括・分割・リボ払い

 このようにそれぞれの金利を比較してもらうと、現金化をした時の金利がかなり安いことがわかります。もし、一括や分割で返済することができるのであれば、支払う金利は無料になるので、他の方法を利用するメリットはないです。
 また、キャッシングを見てもらうと、リボ払いでしか、返済をすることができません。リボ払いとは金額設定で返済していく方法で、無理なく返済することができますが、期間が長引くほど、多額の手数料を支払わなければなりません。そのため、キャッシングだと実際の利用額に加えて、手数料でかなりの金額を普段することになります。

現金化とは?

 現金化の説明について全く触れていなかったので、知らない人向けに簡単に解説しておきましょう。
 現金化とはクレジットカードのショッピング枠を利用して、現金を手にする方法のことです。メリットとしては、キャッシングよりも金利が安く、利用可能額が多いことなどが挙げられます。また、現金化の方法としては、個人・業者の2つがありますが、現金化業者で申し込むのが現在の主流となっています。

現金化のススメ

 クレジットカードの現金化を進めるには、金利や利用可能額でのメリットだけではありません。
 現金化の一番の利点は、支払い方法が自身の家計状況に合わせて、柔軟に選ぶことができることです。
 例えば、初めは分割5回にしていたけど、3回目の分割支払いが完了した団学で、次の支払いは少し少なめにしたいと思った時には、リボ払いというのに変更ができます。
 このように、色々と返済方法のカスタマイズが可能なのは現金化の魅力ではないかと思います。

まとめ

・金利では圧倒的に現金化が安く、キャッシングはお勧めできません。
・家計の財政状況に合わせた返済プランを組むのであれば、現金化が一番柔軟に対応することができます。

以上が低金利で行う現金化についてでした。今回は、具体的な現金化の方法についての説明はしませんでしたが、気になる人は色々と調べてみると面白いかと思います。

個人事業主が知るべき現金化の方法

c5af1dacf5f03a643a89dc1bee406df5_s

個人でビジネスをする上で、最も苦労するのが事業資金を集めることです。大企業などの会社とは異なり、銀行からの融資を受けるのも一苦労となります。また、審査を通過したとしても、信用度の低さからわずかな融資しか受けることができない可能性が高いです。

個人事業と会社の違い

 個人で事業をしようと考えている人は、かなりの覚悟と厳しさを持ってビジネスをしなければなりません。実際にどのような点で、会社と異なるか見てきましょう。

 まず、事業のはじめやすさで言えば、個人の方がはるかに楽です。開業手続きも簡単ですし、個人で行っているので会計処理も簡単です。一方で、会社を設立するには、税理士など専門家に書類を作成してもらったりなど準備が大変になります。
 次に、個人事業主は収入が安定しないことから、資金調達が企業よりも難易度が高くなります。赤字の繰越も、法人は7年であるのに対して、個人だと3年までしかできません。
 最後に、個人事業主は会社で通常分業するような仕事を全て行わなければなりません。例えば、税金の支払いや確定申告の申請などの事務手続きを始め、仕事を自ら探してくる営業の役割といったこともしなければならないので、専門の仕事をする以前にマルチタスク能力が必要になります。

資金調達の大変さは現金化でカバー

 個人事業主ともなると、出張やパソコン系の機材などの経費は全て自身で支払わなければなりません。それゆえに手元にある程度の資金を蓄えておかなければ、いざという時に生活にも支障が出かねないという状況になる可能性があります。
 銀行から融資を受けるというのも一つに手段ですが、審査はすぐには終わりませんし、ビジネスが軌道にのる前の段階だと、なかなか審査に通るということはありません。
 そんな時には現金化を利用して見てはいかがでしょうか?現金化とはクレジットカードのショッピング枠を利用した資金取得方法の1つで、ある程度のまとまったお金をすぐに手にすることができます。
 また、自身のクレジットカードを使って行うので、特に審査や手続きというのが必要ではないので、とても簡単です。

現金化には法人カードがオススメ

 もしあなたが個人事業であるのならば、現金化は法人カードを利用することを強くオススメします。実は、個人での現金化でも、個人名義と法人カードでは、リスクが大きく異なり、法人カードの方が優れています。
 個人での現金化では、商品を購入して換金するというのが一般的な方法となります。そのため、現金化には価値の高い商品を購入し続けなければならないという特徴があります。カード会社は現金化目的での利用者の特徴というのを知っていますから、高還元率な商品の購入をしていると現金化目的ではないかと疑われてしまいます。特に、普段あまりカードを利用しない人が、急にカードを使い出してしまうと現金化であるという強い疑いの目を向けられることは間違いありません。
 しかし、法人カードの場合なら経費という名目で、そのような換金性の高い商品を購入しても問題はありません。ビジネスというのは一般の人があまり使わないと思われるような商品や道具も使うため、カード会社はどれが経費目的のものであるのかを判断することが困難となっています。それゆえに、カード停止や監視の目に晒される可能性というのは非常に低くなります。例えば、新幹線回数券などの金券は、個人の現金化では主要な商品となっています。これを個人名義でなんども購入していると、たちまちカード会社からカード利用停止を食らってしまうことでしょう。一方で、法人カードの場合だと、出張に必要であるからという理由で経費として購入することができるのです。

まとめ

・個人事業主には、全ての業務を一人で行わなければならないため、あらゆる能力が必要となります。
・特に資金調達は企業とは比較にならないほど、困難であることは理解しておかなければなりません。
・資金調達に困った時の最終手段としては、現金化がオススメです。
・個人事業主での現金化は法人カードを使うことでリスクを軽減することができます。

以上が、個人事業主が知るべき現金化の方法でした。現金化でオススメな法人カードについては別の記事にて詳しく載せているのでぜひ参考にしてみてください。

学生カードでできる現金化とは

dedb932173675f6ba5a9c918fbef2230_s

金欠というのは大学生が抱える悩みの問題の一つです。友達から急に飲み会に誘われた・来月の彼女のプレゼント代が用意できていない・卒業旅行のお金が足りないなどが例として挙げられます。自由な時間が多いのが大学生の強みですが、それを十分に行かせるだけのお金というのはバイトをしても足りません。

学生専用のカードを作ろう

 クレジットカードというと社会人しか持てないイメージがありますが、最近では学生用のもののあり、カードが気軽に持つことができる環境であると言えます。そのため、いざという時のために、クレジットカードを一枚は持っておくことをおすすめします。

学生カードの魅力

 カードを持っていた方が良いと言っても、メリットがなければその気になならないかと思いますので、いくつか強みについて見ていきましょう。
 まず、学生カードは年会費が無料であることがほとんどです。なぜなら、学生カードは学校を卒業後に、一般カードへの自動で切り替わるため、大学生のうちに持っておいてもらうことで、カード会社の将来的な顧客としてなるうるからです。それゆえに、信用度があまり高いとは言えない学生の身分でさえも、カード発行が容易に通過することができます。
 また、学生カードは年会費無料にもかかわらず、様々な特典がついてきます。その一つが、海外保険自動付帯という機能で、海外に行く際に、カードで航空券を購入すると自動で保険に加入してくれるという優れものです。これで、海外で病気や怪我などをしてしまったとしても、保険に加入しているので、治療費の負担は少なくなります。
 加えて、カードを利用すると必ずポイントがつくのですが、利用し続けていくとかなりたまります。特に一人暮らしをしている人だと、光熱費などで年間15万円ほどになるかと思います。仮にそれを全てカード払いにしたとすると、還元率2%で3000円分がポイントとして利用できます。3000円というと、飲み会代金1回分に相当するので、お金が不足しがちな学生には嬉しい特典であると思います。

カードは社会人になる前に利用した方が良い

 クレジットカードは社会人になるとほどんどの人がもつようになります。そのため、カードの利用方法については、しっかりと学んでおくことが、社会人としての第一歩となるのです。しかし、社会人になったからといっても、利用したことがなければ、どう使って良いかわかりませんし、利用方法に戸惑っていたら、人前で恥を書いてしまうことでしょう。
 そのため、学生のうちから、少しはカードを利用しておくことで、カードの利用方法・返済計画の立て方・次のランクに向けて信用度をあげるなど、社会人としての準備をすることができます。
 そうはいっても、使いすぎは良くなく、学生時代のついた浪費グセが、社会人になってもなかなか抜けずに苦労している人もいるようです。カードの利用は適度に行うようにしましょう。

学生カードで現金化

 クレジットカードを持っていても、時には現金が必要という時があるかと思います。そんな時には現金化が非常に有効な手段であるので、ぜひ利用をおすすすめしたいです。
現金化とはクレジットカードにあるショッピング枠を現金に変換する方法のことで、キャッシング枠が利用できない学生にとって、うってつけのサービスであります。
 方法としては、換金性の高い商品を購入・換金する方法や業者からのキャッシュバックで現金にするなど様々な方法があります。
 返済も一括からリボ払いまで幅広く選べ、かつ学生カードは利用可能額が低いので、返済で苦労するということはないかと思います。

まとめ

・学生カードには様々な魅力があり、かつ年会費無料で利用できます。
・一人暮らしの場合は、光熱費や水道代の生活費のみのカード利用でも、かなりポイントを貯めることができます。
・社会人の準備として、学生時代がからカードを利用しておくことが望ましいです。

以上が学生カードでの現金化についてでした。カードというのは正しく利用すれば、生活を豊かにしてくれるものなので、しっかりと利用方法については学びましょう。