え!業者で現金化するほうがバレにくいって本当?

 “お金がどうしても今!必要”そのような状況になることがあるかもしれません。そんな時にあなたはどのような方法でお金の問題を解決しますか?友人や親戚に借りる・キャッシング枠を利用する・消費者金融に相談しに行くなど対処方法は様々あります。しかし、そこであなたが気にしなければいけないことは他人に自身が困っていることが知られてしまうということです。お金に関する弱みは誰しも知られたくないものです。そこで今回はお金に関するトラブルをなるべく一人かつ安全に解決する方法を紹介しようと思います。

個人で現金化するリスク

 まず周りに知られたくないからと言って、安易にクレジットカードの現金化をしようとはしないでください。成功すれば良いですが万が一失敗してしまった時のリスクはかなり大きいです。
 
 

カードの利用停止のリスク

  個人で現金化するときに一番陥りやすい失敗としてはクレジットが使用できなくなってしまうことです。一般的に個人で現金化をするとなると基本的に還元率の高い商品ばかりを選ぼうとする傾向にあります。どのような商品にしても購入額と売却額が同じになることはありませんから当然の行動であると思います。しかし、クレジットカード会社はそういった行動をしているカード利用者を見つけ出す記述に長けています。それゆえにカード会社は現金化目的と思われるカード利用者を見つけ次第、カードの利用を停止にしてしまうのです。しかも、現金化の意図がなく、還元率の高い商品(新幹線回数券)を購入している利用者に対しても無差別に行われます。

 

自己破産時に不利になるリスク

  債務者にはどうしてもお金が返せなくなったときの救済措置として自己破産をする権利があります。しかし、クレジットカードを現金化した事実が周囲にばれた状態での自己破産では負債がゼロにはなりません。なぜなら、クレジットカードの現金化の目的は私的消費(ギャンブルやショッッピングなど)のため、自己破産の条件(命にかかわる活動によるやむ終えない借金)に当てはまらないからです。そのため、自己破産後も借金は返済しなければなりません。
 

周りに知られるリスク

  そして最も恐ろしいリスクが周囲にばれてしまうことです。周りに知られたくないから個人で現金化をしたのに、カード利用停止・自己破産までいってしまうと恥を忍んで他人に借りたほうがよっぽどよかったと後悔してしまうでしょう。

業者利用のすすめ

 個人で行うよりも業者を利用したほうが、現金化はしやすいです。確かに還元率は個人の場合よりも多少低くなってしまいますが、バレることはほぼないです。業者を利用するときに支払う手数料は安心を買っていると思えば、底破産よりは安いかと思います。

業者がバレにくい理由

 ではなぜ業者での現金化はバレにくいのでしょうか?そのキーワードは決済代行会社です。
 クレジットカードを決済するときは、カード会社の加盟店となる必要があり、それらの業務は全て決済代行会社に委託されています。カード会社に委託されているからにはもちろん決済時には代行会社にその報酬として手数料が支払われます。しかし、それらの手数料は微々たるもので、それだけでは事業を続けていくことのできない代行会社もいます。そのため、現金化業者と組み、手数料をたくさんもらうことで会社として成り立たせようとしているのです。もちろん、代行会社もクレジットカード会社にばれてしまっては元も子もないので現金化業者の決済とわからないように隠します。クレジットカードは毎月何十億あり、そのうちの2億程度が業者利用なので代行会社はいくらでも隠せてしまうのです。

まとめ

個人で行う現金化は得られるものも多いがそれ以上に高いリスクを背おう必要がある。
業者を利用するとほぼリスクなしで現金化できるがその分還元率は低い。
借りすぎるほど自己破産のリスクも高まり、さらに借金は全て返済しなければならない。

以上の点を踏まえて、現金化するときは慎重に行いましょう。
6c5e92fc14672d907f473aa2041745ba_s

クレジットカード現金化の利用者に専業主婦が多い理由!

クレジットカード現金化の利用者

クレジットカード現金化の利用者というとどんな人を思い浮かべますか?
学生?
確かに消費者金融であまり大きな金額を借りることができない学生は結構な割合を占めます。
フリーター?
フリーターの人はある程度収入があるため、消費者金融からお金を借りるのにあまり困ることはありません。
実は、クレジットカード現金化の利用者で非常に大きなボリュームを持つのは専業主婦なんです。

どうして専業主婦が多いの?

専業主婦は金融業界の人からすると、「収入なし」となってしまい、現在の貸金業法である年収の3分の1以下という金額を融資の上限とするルールからいうと、融資できるお金がゼロという結果になってしまいます。
旦那さんの収入も考慮されませんので、専業主婦の方は消費者金融から借金をするのは非常に大変なんです。

そこで役に立つのがクレジットカード現金化というわけです。
クレジットカードのショッピング枠は総量規制の対象外。つまり、お金を借りられない人が合法的に、そして簡単にお金を借りることができるのです。

それでは、総量規制について簡単に解説します。

総量規制とは

総量規制とは個人の借入総額が、原則、年収等の3分の1までに制限される仕組みを言います。(例外あり)

また、貸金業者が、自社の貸付残高が50万円を超える貸付けを行う場合、(与信枠が50万円を超える場合も含みます。)あるいは他の貸金業者を含めた総貸付額が100万円を超える貸付けを行う場合には、収入を明らかにする書類の提出を求めることになります。(貸金業者は、この書類を用いて利用者に貸し付けた場合、年収等の3分の1を超えないか確認します。)

年収200万円の人は、おそよ60万円〜70万円が消費者金融から借金ができる限度になります。それでも足りない場合、総量規制の対象外となるクレジットカードのショッピング枠を利用し、現金を手にいれるのがオススメです。

専業主婦のショッピング枠は10万円が一般的

専業主婦の方や学生が簡単に作れるクレジットカードのショッピング枠は決して大きくありません。10万円程度が一般的です。
ですので、まとまった金額が必要な時は、クレジットカードを複数契約するなどして、現金化の総額を増やす努力をしましょう。

まとめ

クレジットカード現金化の利用者は専業主婦が非常に多く、その理由は総量規制により、近年の消費者金融では主婦がお金を借りにくい環境になっています。
そのため、総量規制の対象外であるクレジットカードのショッピング枠を利用した現金化が人気なのです。
しかし、主婦の方が簡単に作れるクレジットカードのショッピング枠はそこまで高額でないので、まとまった資金が必要な場合は複数のカードを組み合わせるなどして、対応しましょう。
91aec649c7a14b6aeda19a42f7f0e4aa_s

返品処理をしたクレジットカード現金化はなんと!換金率100%!

クレジットカード現金化は契約するお店によって換金率が定められています。

使用するカードの銘柄やショッピング枠の額面によって換金率は異なるのです。

どの現金化業者と契約しても換金率は100%未満となります。

換金率100%で契約をしたとなれば現金化業者の取り分はありませんから赤字です。

よって、クレジットカード現金化業者との契約で換金率100%はあり得ません。

しかし、クレジットカード現金化は自分でやれば換金率100%が確実となります。

換金率100%の現金化は誰でもできるのです。

返品をすると現金で戻ってくる

返品処理をしたクレジットカード現金化

カードのショッピング枠現金化は契約する業者によって取引方法が違います。

取引方法が違うだけでクレジット決済で品物を買うことは共通です。

このクレジット決済でショッピングをする点に換金率100%の謎が隠されています。

デパートで販売品を買うときは現金もしくはカード払いです。

お買い求めた品物が不良品であればレシートを持って購入先へ行けば返品が可能です。

その際、現金払いで買われたのであれば全額返金されます。

では、クレジットカードでショッピングされた場合はどうなるのでしょうか?

カードで買物をして返品をしても現金で戻ってくるのです。

どのようにして返品処理をすれば返金されるのか?

返品処理をしたクレジットカード現金化

キャッシュで買物をした品をお店に返せば全額返金されます。

カードでショッピングをした際も購入先に買った物を返品すれば返金されるのです。

これを応用していただければ現金化ができます。

クレジットカードで買った商品を購入先に返品すれば必ずしもお金が返ってくるわけではありません。

クレジット決済3日後に返品する

返品処理をしたクレジットカード現金化

クレジットカードで買物した商品は返品処理をすれば返金されます。

しかし、クレジット決済3日後に返品しなくてはいけません。

カードでショッピングをした時点では信販会社にデータが届いていない状態です。

この時点で返品処理をしますとカードで購入したことをキャンセルできます。

クレジット決済してから3日経過しますと信販会社に購入履歴が付いてしまいます。

キャンセルができないため使用したショッピング枠は現金として全額返金されるのです。

ドンキやユニクロで返品する

返品処理をしたクレジットカード現金化

クレジットカードでショッピングをした後は返品処理をすれば全額戻ってきます。

どのお店でもカードで買った商品を返したからといって返金されるわけではありません。

クレジットカード現金化を返品で考えているのであればドンキやユニクロで行うことです。

ドンキ・ホーテはクレジット決済で購入した物を返品した場合は使用したショッピング枠は全額返金してくれます。

ユニクロもオンラインでのお買い上げの場合、返品をいたしますと全額返金です。

本来やるべき現金化ではない

返品処理をしたクレジットカード現金化

以上述べました通りにやっていただけましたら換金率100%は夢ではありません。

返品をした現金化は同じお店で何度もやるとクレジット信販会社に不審に見られがちです。

そもそも、返品をして資金調達するというのはしても良い行為なのでしょうか?

購入した物が不良品であれば返品はするべきです。

クレジットカードで買物をし返品行為は禁止されている訳ではありません。

しかし、クレジットカードで現金化を目的とした返品は犯罪となるかもしれないのです。

高換金率商品には何があるの?

b8e534d0b4eb1805cd6cce879ef9bb25_s

クレジットカードのショッピング枠を利用して商品を購入し、それを転売して現金化をする方法がありますが、少しでもお金に多く変えられるものをピックアップしてみます。
商品を転売して現金化するのであれば、より高い換金率のある商品を選ぶことが重要です。

ブランド品

まず換金性の高い商品と言われるブランド品です。エルメス、シャネル、ルイ・ヴィトン、高級時計のロレックスなどのブランド品は価格が落ちにくく安定した買取り価格があります。不況と呼ばれる中でも高額商品に売上は好調と呼ばれるのは供給者が常にいることと価格が安定しているからです。買取りの質屋やリサイクルショップでは常連のアイテムですが、ブランド品もバックや時計など人気次第で価格がバラバラです。定額に近い買取り設定から半額になってしまうブランド品もありますので購入時に調べておく必要があります。

ゲーム

次に、ここ最近伸びてきているのがゲーム機です。私たちゲームをしない人間には皆無ですが、マニアと呼ばれる中ではゲームの種類によっては驚きの買取り価格設定があります。
ゲーム機を高く売るコツは品薄状態の新発売のゲーム機や市場にあまり出回っていない旧作機などが狙い目です。ゲーム機の平均買取り換金率は80%ぐらいですが、質屋やリサイクルショップに持って行くよりオークションで販売した方がマニアを見つける可能性が大きいです。またゲーム機は売るタイミングが非常に難しいので購入する際に十分なリサーチが大事です。

商品券

次に最も換金率の平均点で優秀なアイテムが商品券です。換金率は90%を誇る商品券ですが、あまりにも現金化にするメジャー商品なのでクレジットカード会社からは目に付きやすい換金アイテムとなっています。その為、クレジットカードでの購入ができない場合がある為、あまりオススメできない換金商品の一つです。

新幹線の回数券

現金化の相性が抜群に良いのが新幹線の回数券です。最も高い平均換金率の95%で買取ってもらえることが多いです。新幹線の回数券は利便性が高いので人気が高く換金がし易いです。購入するときのポイントは新幹線の区間によって金額は大きく変わりますので事前に人気の区間をリサーチしておきます。新幹線の回数券も現金化の常連リストに入っているのでクレジットカード会社に目に付くような極端な購入には注意したほうが良いです。

まとめ

このように、より多くの現金化をする為の高換金率商品はクレジットカード会社も目を光らせています。一度なら大丈夫ですが何回も繰り返しているチェックが入るので気をつけて実行することが大事です。
また転売による換金で一番重要なのは高換金率商品を購入して売れなかったり半額以下で泣く泣く処分してしまう状況にならないことです。
商品を持って行く場所でも大きく価格が変わります。質屋なのかリサイクルショップ、ゲーム中古店なども各店の求めているものとニーズが合えば、より高い換金率が実現します。
ネットオークションも視野に入れ、まずはリサーチに重点を置いて行動することが必要です。

現金化業者を比較する際のポイント

ba9b03b1e8f770c05a974abd88c19964_s

クレジットカードのショッピング枠を利用してお金を調達することができる、このシステムにも沢山の業者があります。クレジットカードの現金化は最後の手段とも言えます。何故なら普通はお金を借りる時に審査が必要ですが、審査無しでクレジットカードを所持していれば借りることができるからです。
またブラックの人でも借りることができる手段なのです。
その為、借りる方の心境としたらお金をなんとか調達したいと同時に借りることへの不安が大きいです。確かに換金率から言えば相当なリスクを抱えることは間違いないですが、今、お金が無いことのリスクより小さければ一時の借入も役に立ちます。
利用者として現金化業者を選ぶポイントはまず好条件です。

お金を借りる以上は0.1%でも安い金利のところを探します。それだけ返済が楽になるからです。クレジットカードの現金化の場合は、できるだけ高い換金率でお金に変えてもらいたいと願います。しかし、換金率で高すぎるのも注意が必要です。業界的には平均で80%ぐらいなので、たまに98%の換金率などの広告には気をつけます。後から事務経費や手数料などを請求してくる悪質業者も存在する業界であることも認識しておく必要があります。

次のポイントとしてクレジットカードの現金化業者への不安感です。相手が銀行や消費者金融ではないので返済時のトラブルや遅延などの際の処理などで慌ててしまう恐れがあります。強引な取り立てや職場への嫌がらせなども想像します。
しかし、クレジットカードの現金化業者は利用者のカードを決済させてカード会社からの現金が振り込まれます。その現金を約束の換金率で利用者の銀行口座へ振込しますので業者とのトラブルが起きるとしたらここになります。正式な契約書も無い状態で電話での確認作業となるので換金率に対する、お互いの確認違いで振り込まれた金額が少なかったことでトラブルに発展する事例は過去にもあります。しかし、クレジットカードの現金化業者と利用者にとってもトラブルはマイナスになります。クレジットカードの現金化業者にとったらカード会社とのトラブルは今後の経営にも差し支えます。利用者にとってもカード利用ができなくなるリスクを抱えることになりますのでトラブルの無い安心できる業者選びが最大のポイントになります。

老舗が安心!

それではクレジットカードの現金化業者を比較する際に重視するポイントとして老舗であることに注目します。どれだけ換金率が良くても口コミが最高評価でも数年しか経営している業者ではイマイチ信用が無いと言えます。2,3年もしくは10年経営しているクレジットカードの現金化業者を選ぶのがポイントです。
また会社概要なども大事な情報です。会社の所在地や連絡先、代表者の名前などが、ちゃんと掲載されているクレジットカードの現金化業者であることの確認を忘れないことです。
振込条件なども大事なポイントです。通常であれば契約が決まれば、すぐ利用者の口座にお金を振り込んでくれますが、中には数回に分けて振り込んでくるクレジットカードの現金化業者もいます。事前に確認をしっかり取っておくことをオススメします。
また必要以上に情報を聞き出してくるクレジットカードの現金化業者にも注意が必要です。個人情報は今や大切な資産です。悪質業者にとったら大きな資金に変えられる商材とも言えます。契約時に決済をするためセキュリティーコードの確認を求められます。クレジット
でショッピングすると記入する欄がありますので、ここは安心できますが、中には暗証番号なども聞き出してくるクレジットカードの現金化業者もいます。初めて利用する方は借りる流れが分からない方もいますので事前に注意事項を確認しておくことです。
キャンペーンなどにも気をつける必要があります。今なら10万円キャッシュバックなどの広告は信用しないことです。高額特典を押し出している業者ほど怪しいです。
比較するときにオススメな方法としたらクレジットカードの現金化業者申し込みをする時は2,3社ほど同時にメールで申込みをします。これによって換金率を競わせて自分にとって有利なクレジットカードの現金化業者を選ぶことができます。
それではクレジットカードの現金化業者を比較検討してみます。いろんな口コミサイトでも上位に入ってくるゴールドラッシュで検討してみます。

高換金率の店舗はこれだ!

ゴールドラッシュの人気の秘密は高い換金率と実績です。最大還元率が98%を超える表示を堂々と掲載して口コミ評価でも高い支持が伺えます。クレジットカードを現金に換えることは少しでも高い還元率を望みます。しかし、高すぎる還元率は悪質業者の可能性が高いので悩みどころです。そこで口コミなどを参考にすることで業者の本質が見えてきます。
ゴールドラッシュのホームページの口コミと検索で口コミを確認してみると悪いことは、あまり書かれていないです。換金率の本質を見抜くには口コミを最大限に利用することをオススメします。
また比較する際のポイントとして24時間対応でスピード提供できるのかも判断基準の一つと言えます。借りる利用者としたら普通のキャッシングやローンが利用できない人がクレジットカードのキャッシング枠を使って資金を調達します。それ相当なリスクを覚悟の上での資金調達ですので即金であれば尚更嬉しいです。クレジットカードの現金化業者の中には2,3回に分けて入金してくる場合もあります。事前に入金のスタイルを確認しておくのも比較するポイントになります。お金を調達するのは時間を買うのと同じです。
専門スタッフの対応も気になるところです。しっかりとした会社であれば電話越しの受け答えも安心して取引ができます。
取引内容についても大事なポイントがあります。クレジットの現金化は形上、何かを購入することでクレジットカードのショッピング枠を利用します。クレジットカードの現金化業者との取引を証明する商品が必要です。商品は関係ないと言ってもあまりに怪しい品は抵抗があります。安全な商材であるかも比較するときに要チェックです。そして取引内容が毎回把握できるように証明書などを送付してくれるかも大事なところです。お互いのトラブル回避のための仕組みがどれだけ整っているかも重視しておくところです。
このようにクレジットカードの現金化業者を比較する際のポイントとしていくつか挙げさせて頂きましたが、確かに還元率が100%により近いところであることが望ましいですが、借りる側の利用者としたら安心して取引ができる環境も大事なポイントになります。業者自体がどのような方法で何年間営業してきているのか、ネットで書かれている口コミとホームページで書かれている口コミに大きな相違は無いのかも気にかかるところです。
クレジットカードの現金化業者を比較するときは比較サイトをチェックすれば多くの業者が表示されます。還元率については80%台から90%台までの間で設定がされています。何%になるかは実際に問い合わせてみないとはっきりは分からないです。あるところでは毎月何日に3%還元率がアップする仕組みをしているところもあります。タイミングなどで変わってくることも大いにありますので、複数に依頼をかけて実際の還元率を確認するだけでも良いかと思います。クレジットカードの現金化業者を知ることだけでも実際に使うときに自分の条件に合った業者を安易に探せることができます。

プリペイドカードを現金化する

7a8255da342a69ed5ad166ed354fcec3_s

プリペイドカードというと、あまり自分達にとって身近な物には感じませんが、今は数少なくなったテレフォンカードや図書カード、モバイラーズカード、iTunesカード、クオカードと聞けばちょっと身近に感じます。
このプリペイドカードは料金をあらかじめ払ってある金券と思ってもらって結構です。利便性があるのでクレジットカードのショッピング枠で購入して後で換金することができます。

プリペイドカードとは?

プリペイドカードの現金化は別名、有価証券とも呼ばれていて料金があらかじめ払ってある金券になります。本を購入するときの図書カードや音楽を有料ダウンロードする時のiTunesカード、携帯に使えるモバイラーズカード、コンビニやスーパー、百貨店などのお買い物で利用できるクオカードなどがあります。どれも市場の需要として人気があり必要とされる金券になります。

このプリペイドカードを換金する場所は金券ショップで買取ってもらえます。
プリペイドカードの換金に対して問題点は券面の金額が決まっていることです。券面の金額が5000円なら5000円より高くなることはないです。最高で同値段で金券ショップでのプリペイドカードの換金率は良くて90%と言われています。しかも普通で60%ぐらいのプリペイドカードもあります。この値段設定はカードの人気度にもかかってきます。もし換金率が60%なら自分で利用した方が損はしないかと思います。
プリペイドカードの換金には金券ショップなどでリサーチを徹底的にする必要があります。

現金化の際の注意点

金券ショップで売れるプリペイドカードですが、換金率の低さに金券ショップなどに持っていかないケースが多くなっています。先ほどもあったように安いプリペイドカードなどは換金率が60%になっているので金券ショップで、わざわざ売る必要が無くなります。プリペイドカードの換金率が最も高い場所はネットオークションです。ヤフーオークションやAmazonなどで現金に換金してくれます。券面異常の値段は付かないですが、券面近くの値段までは付きやすくなっています。またネットオークションでは券面より金額がどうしても少なくなりますので知人や友人に販売する手段もあります。買取りレートが悪いのであれば知人、友人をあたってみる手段を取ります。
プリペイドカードを持って行く場所の選定についてのポイントは利便性です。プリペイドカードを使う予定のあるところに持って行くことが高換金率を生ませることにつながります。
クレジットカードのショッピング枠を使って現金化する方法の中でプリペイドカードの選択は少ないかと思います。利便性は確かに高いのですが、わざわざプリペイドカードを購入して使われる方が少ないのが難点です。モバイラーズカードやiTunesカードは若者には人気ですが、クオカードや図書カード、テレフォンカードは購入したいという人が少ないかと思います。それでもプリペイドカードを現金化するのであれば他の換金商品と同様ですが事前にリサーチしておくことが必要です。

ブランド品を現金化するときの注意点

6d7d03d48271a903c1077ec6128b8d1b_s

クレジットカードのショッピング枠を現金化したいが電話で問い合わせてみたら怪しい業者ばかりで、どうも信用性にかけるので依頼しにくい場合があります。しかし、お金にピンチを救うには現金化しか手段がないという時に同じショッピング枠を利用してブランド品を自分で購入して現金化する方法があります。有名ブランド言えばエルメス、シャネル、ルイ・ヴィトン・バーバリーなどの海外ブランド品です。これはブランド品の換金率の高さを利用した現金化で購入後は質屋やリサイクルショップに行って換金する手段です。

このブランド品の換金なら普通に買い物をしているだけなので問題ないかと思いますが注意点があります。それは、この手段で換金を目的にショッピングする人が最近多すぎてクレジットカード会社が規制を強めています。今までショッピング枠を使わなかった人が急に何十万というお買い物をするとクレジットカード会社も少し疑問に思います。しかも何度も同じようにブランド品を購入して換金していると怪しく思われます。クレジットカード会社はカードの履歴状況を調べて、後から換金したのが分かった場合はカード規約に書いてある通り、カードの利用停止のペナルティーが科せられます。また、その場合は利用残高の一括請求を求められてしまうので慎重に現金化する必要があります。

ブランド品の現金化でクレジットカード会社に怪しまれない手段があります。それはブランド品の購入の際に一括払いで申請することです。この一括払いで処理できることを相手であるブランド店やカード会社に伝えれば返済能力があると判断されてスムーズに審査されます。今は口座に無くても近々、お金が入ってくることを予測させるための一括払い宣言と思わせれば良いのです。とりあえずは購入の際をクリアーして後からカード会社への分割またはリボ払い決済への変更を依頼すれば大丈夫です。

このような形でブランド品を換金していけば問題ないかと思ったら、実はブランド品の換金率が下降気味という最近の情報です。ここ最近の物価高や不況への懸念による賃金の上昇率の悪さなどが重なりブランド品を換金する人が増えている現実があります。例えば新作のシャネルバックでも定額の半分にしか値が付かない異常事態は発生しています。また人気のあるブランドでこの買取り価格設定なので人気の無いブランドであれば買取り拒否という最悪なパターンに陥る可能性が大きいです。換金を、し易いブランド品でも換金率が50%、60%では現金化をする意味が無いです。クレジットカードの現金化の相場は80%ぐらいです。
今後のブランド品の現金化に対しての対策としたら事前に価値がどうなっているかのリサーチが必要となります。また換金場所も質屋やリサイクルショップだけではなくネットオークションでも求めている人は沢山います。より高く売れるためのひと手間、ひと工夫が必要となる時代とも言えます。

ブランド品によるショッピング枠現金化、攻略情報

クレジットカード現金化 優良店の見極め方!

クレジットカードの現金化をする業者は様々で換金率は買取り金額にもよりますが違いが結構あります。また悪徳業者によって大事なクレジットカードの個人情報を流用される恐れもあります。そうならない為にもクレジットカード現金化の利用時に業者の選別には大きな注意が必要です。換金率の善し悪しだけで決めず、信用できるポイントを絞って選ぶことが必要です。

クレジットカード現金化業者の優良店見極め方1つ目は口コミです。
口コミサイトをいくつか調べることで各業者の反響や利用者の感想などが書かれていますが、情報の取り方を変えてみることをしてみます。本来であれば良いことが書かれている業者を探しますが、悪徳業者の手口として利用者を装い、良い書き込みをすることが頻繁に行われています。それを見抜く手段として書き込みの文末にURLが記載されてあるものは疑わしい情報と判断しても良いかと思います。情報を鵜呑みにするのは大変危険なことですが、参考や分析には使えるのは間違いないです。これを知る事で書き込みに対する捉え方が少し変わってきます。情報の受け止め方を変えてみることで大きな視野で物事を見られるようになります。

クレジットカード現金化業者の優良店見極め方2つ目は会社の存在です。借りる業者のある程度の選別ができたら、その会社情報を洗い出すことをします。
大事なことは会社情報が記載されているかにあります。記載されている住所を確認する手段はグーグルストリートビューを使って判別ができます。ここで検索した現金化業者が虚位の住所なら悪徳業者として判断します。
もう一つ会社情報でチェックするところが申込みフォームです。申込みフォームのURLがhttpsになっているかでセキュリティーの強さがわかります。大事な個人情報をやりとりする申込みフォームでセキュリティーが弱い場合は第三者へ漏えいする可能性は大です。

クレジットカード現金化業者の優良店見極め方3つ目は取引詳細を確認してみることです。あたり前のことですが換金率や手数料、送金の仕方などの取引詳細がしっかり残せる業者は優良と判断しても良いかと思います。確かに実績や口コミで現金化業者を選ぶだけでは実際の取引詳細の部分では不透明な業者が多いです。例えば「還元率が最高で98%以上、利用されたお客様の満足の声も沢山」という広告の現金化業者の場合、換金率の98%は実は換金額が100万円以上からで、それ以下の金額は換金率が80%になる仕組みの業者だったりすることが多いのです。この金額なら最終的に自分の口座に振り込まれる金額はいくらなのかを、しっかりと確認できる業者を選ぶことも必要です。その為に一度電話で確認してみて曖昧な答えなら断ったほうがよいかと思います。
このように3つの条件を最低クリアーしたクレジットカード現金化業者をピックアップすることをオススメします。このやり方であれば優良店での取引率が高いのは間違いないです。
82b08e577a3dd7bbbd9b0ab2a619f62a_s

さらに詳しい優良業者の見分け方はこちら

クレジットカード現金化に対しての問題点とは?

クレジットカードを現金化することに対しての問題点としては複雑なことは無くシンプルで分かり易いです。まず仕組みとしたらクレジットカードには2つの機能があります。お買い物をカード会社が利用者の収入などから判断して買い物をした時に利用できる金額が設定してあるショッピング枠とクレジットカード会社からお金を借りることができるキャッシング枠があります。キャッシング枠は通常、ショッピング枠より低くしてあり、万が一の時にカード所持者が必要な金額を借りることができます。

問題点1

問題点1としたら、このショッピング枠の大きさにあります。キャッシング枠を使いすぎると上限までいってしまい、もう借りられなくなりますが、ショッピング枠が大きく取ってあるのでそこを換金できる機能があれば、お金の無い人にとったら都合のよいツールになります。また安易に換金してしまうのも問題の一つです。

問題点3a43ea6586203855584bb1fcd94cfab0f_s

問題点2としたら違法性の疑いです。クレジットカードの現金化業者が過去に違反行為で捕まっています。これはクレジットカードの現金化が貸金業に当てはまるとされた時に貸金業法と出資法違反で摘発、逮捕されています。しかし、今の時代、クレジットカード現金化業者は古物商で金融業者ではないと言い張っています。言い分として、お客様が持ち込んだ商品を買い取っているだけと断言しています。こうなると業者側の違法性は無いと判断できます。では利用者側の違法性はどうかと言うと、現実、過去に逮捕された事実もないです。確かに目的はショッピング枠の現金化ですが、実際は商品を購入していて翌月から支払いをしていれば何も問題にならないのです。

問題点3

問題点3としたら、違反行為にはならないですがクレジットカード会社の利用規約には違反する恐れがあります。法律的にはセーフとしてもクレジットカード会社としたら規約の中でショッピング枠の利用を厳しく対処しています。買い物以外での利用した場合はクレジットカードの利用を停止すると書かれています。また利用額の全額支払いを請求される可能性もありますのでクレジットカードの現金化は慎重にするべきです。

クレジットカードの現金化は数年前の貸金業法の改正から始まったと言われています。お金に困った人達が総量規制で借りられるお金の上限を決められて困っていた時にクレジットカードの現金化は審査も無く、お金が手元に来るスピードが速いことで利用する側に大きなメリットを与えています。しかし、冷静に考えてみるとショッピング枠が100万円で実際に自分の口座に振り込まれるのが80万円です。換金率は業者によって多少違いますが大体はこのぐらいです。翌月から普通に100万円の支払いをしなければならないです。しかも一気に返せれることができなければリボや分割での利息払いも乗っかってきます。そこまでして借りる理由がある、緊急時などであればクレジットカードの現金化は大きなメリットがあると言えます。

クレジットカード現金化の疑問点を全て解決する記事はこちら

クレジットカード現金化は法律で取り締まっているの?

ba9b03b1e8f770c05a974abd88c19964_s

悪質な業者から優良業者まで全国にあるクレジット現金化業者ですが、実際には合法なのか違法なのかが不透明な部分がありますが今までクレジットカードの現金化で逮捕されたケースは何度かあります。それは2011年に現金化業者が捕まっており、違反内容としては貸金業法と出資違反で逮捕されています。この時はクレジットカード現金化業者がお金の貸し付けであるといった金融業に認定されて、貸金業法に基づいて登録が必要になるが無許可での営業状態になって違反していると判断されたのです。しかも金利計算したら出資法の上限金利を軽く超えてしまっていたので、こちらでも違反行為で逮捕されています。

それではクレジットカード現金化は違反行為となるかと言うと、今は違った形で許可を得ているので上記の違反にはかからないのです。この辺がグレーゾーンとでも言えます。実は現金化業者は古物商の許可を公安委員会で取っています。しかし、たまに横着な業者がいたら、利用者と詐欺問題などになってトラブルが起きています。
では一番心配なのが利用する側は法律違反になる可能性はあるのかと言う問題に対して、今まで利用者側が逮捕されたケースは一度もないです。しかし、法律上の問題には少し関わってきますので注意が必要です。

クレジットカードを現金化にすることで利用者側に横領行為と見なされる可能性があります。詳しくはクレジットカード自体の所有権の問題にかかってきます。クレジットカードのショッピング枠を所有権のない利用者が勝手に転売行為をしたと判断される場合があるのです。そして本来、ショッピング枠は買い物をするために現金化目的で利用した場合にカード会社の規約に反して詐欺罪に該当する恐れがあります。
しかし、現実は逮捕者が出るまではいかなく、代金のカードの支払いがされていたらカード会社自体も動くつもりはなく、もし払えなくなった場合でも数十万程度などで警察も本腰をいれて取り締まることまではないです。

最終的にはクレジットカードの現金化は合法であると判断してよろしいのか、今の時点では、さほど問題にならず法律的にはセーフと言えますが、クレジットカードの利用規約に抵触するといことになります。ご自分のクレジットカードの利用規約を確認してみると、換金目的でショッピング枠の利用を禁止、違反した場合はクレジットカードの利用を禁止すると書いてあるかと思います。
今でも現金化業者への取締は継続されています。現金化の仕組みは確かに価値のない物を高額で売りつけてキャッシュバックを行っています。少し公序良俗にも違反していると問われても不思議ではないです。しかし、数年前に貸金業法の改正で苦しんでいる利用者にとったら審査もなく即日にお金が手に入る有益なサービス内容にはなっています。内容はともかく需要と供給のバランスが整っていれば、それを賢く使うことで双方にもメリットは存在します。

クレジットカード現金化に関する法律まとめ